目次

不感症の原因を解明してみる

性交渉を行う中で感じやすさには個人差が大きいですが、女性の中には感じることが難しい方もいます。
その程度にも様々にありますが、病的な状態に関しては不感症という病気に該当されます。
不感症自体は日常生活の中で特に支障はなく、性交渉の際に感じることが難しい極限的な場面で自覚される症状です。
そのため性交渉をしなければ問題ありませんが、それもコミュニケーションの一つであり、悩んでいる人も多いです。
不感症には様々な原因が存在しており、それを知っておくことが改善につながります。
その一つは感情に特化した精神的要因が存在します。女性の身体は男性以上に精神的要素で感受性が左右されます。
そのため感情が高ぶっていないとそれだけで感じにくい体質になってしまいます。
またそれが続くと次第に感情も動きにくく感じにくい体質に変わっていき、結果として病的なレベルまで達してしまうこともあります。
そのため直接的なテクニック不足以外にも、感情を高ぶらせるようなテクニック不足も問題点となります。

他の要因としては女性側のコンプレックスです。
コンプレックスがあるとそれだけで精神バランスは微妙に崩れやすく自然と感情にも影響を及ぼしてしまいます。その多くは体型であることが多い傾向にあります。
コンプレックスはストレスにもなり、性交渉のたびに体型を見られてコンプレックスを感じているとストレスもたまる為、感じにくい体質になってしまいます。
そのほかにも元々の器質的体質もあげられます。感受性は神経も大きく関わっており、神経が敏感であるほど感じやすいといえます。
しかし普段の生活習慣や体型が健康的でないとそれだけで神経の伝達にも影響を及ぼしてしまいます。
そのためただ男性側のテクニック不足が原因で不感症となっているのではなく、女性自身に問題や原因があるケースが多いです。
それは一人で改善しようとするとかえってストレスにもなりかねません。そのためストレスなくバランスよく改善していく上でも協力していくことが大切です。

不感症の原因を明らかにしてから改善法を探す

病的な不感症は様々なことが原因となってひき起こります。それを改善するにあたり原因を知っておくことが大切となります。
精神的要因に関しては男性側もメンタルケアに対してテクニック不足を改善しておくことが大切です。
テクニック不足は実際に行う中で解消されていくことも多く、互いに意思を通わせて行うことが重要です。
またコンプレックスや体型・ストレスなどのケアもしっかり行っていくことでメンタルケアを行い、より積極的になれる様な感情づくりが求められます。

神経系のように元々の感じにくい体質に関しては一つ一つの原因を解消していくことが効果的です。器質的に感じにくいのであればより丁寧に開発していくことが一番です。
その際にはテクニックも非常に求められるため、予めトレーニングは必要です。
不健康な生活習慣や体型が起因している場合は、女性自身が根本的にそれを解消していくことが大切です。
バランスのとれた食事や運動・睡眠をとることで健康的かつバランスよく体質を変えていくことができます。
健康な身体は神経系の伝達も行われやすい為、身体のコンディションも病的な不感症を改善する上で求められます。また生活習慣の改善は一度やめてしまうと戻る可能性もあります。
そのため改善した生活習慣は維持し続けることでその効果をより発揮・維持することにつながります。

以上のことからも病的な不感症には様々な原因がありますが、代表例では元々の器質的要因や精神面の影響に加え、不健康な生活習慣や体質であることが多いとの研究結果があります。
また原因は必ずすべて該当するわけではなく、ピンポイントであることもあります。
しかしどれも改善に取り組むメリットはある為、バランスよく取り組みつつ、一番の原因を明らかにしてそれに集中的に働きかけることで不感症は改善できるといえます。